夕陽に雑草

Summilux f1.4 50mmのフレア

ズミルックス50mm f1.4第2世代は1961年から30年に亘って販売されたレンズだ。35mmは第一世代のズミルックスを使っているが、50mmの第一世代は非常にレアなので50mmはでもの多い第二世代だ。第一世代を使ったことがないので違いがわからないが、第二世代も第一世代と同様に空気レンズが使われており、写りは大きくは違わないと聞いたことがある。

このズミルックス50mm f1.4は、50mmが普段使うことが多い焦点距離であり、またノクチルックスなどと違い鏡胴コンパクトで軽いので常用のレンズとなっている。前に書いたが35mmを普通に使っていた頃はズミルックス35mm f1.4が常用だっや。

いつものように夕方の散歩に50mmで出掛けたのだが、見てみると盛大なフレアが出ている。基本的にフードを使わないで写真は撮らないのでフレアやゴーストが発生することは珍しいが、夕方の太陽の位置でこのようなことが起こったのかもしれない。

失敗写真というのは簡単だが、見てみると美しい。残念なのは、このフレアの発生をコントロールできないことだ。これを自由に使えたら面白い写真がいつでも撮れる。多くの人にとってはこのような現象は失敗であり、出来の悪いレンズということになるだろう。事実、今の技術が進んだレンズや優れたコーティングがされているレンズでは、太陽を画角に入れてもこのような現象は発生しない。

古いレンズを使っていてこのようなことが起きるのが好きだし、あまり写りすぎないカメラやレンズが好きだ。

有名なロバート・キャパのノルマンディー上陸作戦の写真も現像の際に早く乾かすために温度を上げすぎてネガが溶けて今私たちが見るような粒子が荒く、ボケたような写真になっているが、あれも写っていないことが多いから迫力や緊迫感を感じる。

だからといて、このフレアの写真が傑作だと言っているわけではない。

グーグル決済、秋にも上陸 スマホ支払い  :日本経済新聞

 【シリコンバレー=小川義也】米グーグルは三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)と組み、今秋にも日本でスマートフォン(スマホ)を使った電子決済サービス「アンドロイドペイ」を始める。日本はIC交

情報源: グーグル決済、秋にも上陸 スマホ支払い  :日本経済新聞

9月16日に発売されるiPhone 7 には、FeliCaが搭載されて PASMOやSuicaの交通系カードやEdyに対応するという話が聞こえてくるが、Googleも、もうすぐ「アンドロイドペイ」でスマホの電子マネー化を進めるという記事が出ている。今後、両陣営が各電子マネー運営会社とアライアンス合戦になって、どちらが何に使えるとか、携帯の機種選びに影響するのかもしれない。

しかし、個人的には携帯に電子マネーまで組み込みたくないので当面はパスのつもりだ。

Summicron 35mm F2 第1世代 8枚玉

最初にSummilux 35mm F1.4第1世代を買ってしばらく使っていたのだが、交換レンズが欲しくなる。普通で言えば、50mmのSummiluxとかになる訳であるが、そうなら なかった。それは、やはりまたライカの伝説のレンズが欲しくなったのである。それに、レンジファインダーで街撮りには35mmがちょうどよくて、その頃は 35mmばかり使っていたからでもある。

そのレンズは、Summicron 35mm F2 第1世代、いわゆる8枚玉である。当時もそれなりの値段がしたので、実際に購入するまでには新宿などのお店に何度も足を運んだが、ようやくレンズが綺麗で使用感が少しあるためにリーズナブルな価格で買える個体に出会うことができた。199万番台で、Leitz Wetzlarの刻印が入っていて無限遠ロックも付いているので希望通り。それで実際に使い始めて、フィルム現像が上がってきた時はちょっと拍子抜け。あまりにも普通の良く写るレンズであまり個性がないように感じたからだ。もっともかなり絞って使ったので、その個性があまり感じられなかった。
確かに開放ではやや暴れるものの、Summiluxに比べてやや落ち着いているのであまり面白みがない気もする。そういう訳であまり使用せずお留守番が多いのが現実である。デジタルのライカを買ったので、Summiluxと同時に使ってみて違いが見てみたいと考えている。しかし、この当時のレンズは手工芸品みたいなものだから、個体差が大きいのも事実で本当なら、別の8枚玉を手に入れれ比べるということもしなければ本当の良さはわからないかもしれない。