Facebookの厄日

週末から毎日、Facebookの話題でもちきりになっている。まずFacebookの内部告発者が、週末の人気番組「60 minutes」に登場し、月曜日には議会の公聴会に出席してた。彼女は、Facebookが若年層に有害だとして、証拠となるfacebookの内部文書を公開した。そして、Facebookを規制するような法律の制定を訴えている。顔出し、実名での告発で(アメリカには内部告発者の保護の法律があるが)なかなかの勇気だ。尊敬する。

その月曜日は、Facebookの厄日だったのだろうか。この内部告発者の議会での証言以外に、問題が発生した。FacebookとInstagramが5時間以上も停止してしまったのだ。

個人的には、FacebookもInstagramも数日に一回あるいは1週間に1回程度しか見ていないので、このFacebookとInstagramの障害は全く知らなかった。

私のようなたまにFacebookをInstagramを見る人と違って、日常生活や家族・友人・知人との連絡に使っている人にとっては大きな問題だった。FacebookとInstagramに写真を投稿するだけではなくて、Facebookの持つ様々なアプリ、Facebook、 Instagram、 Messenger、 WhatsAppは多くの人々の生活のライフラインともなっている。家族・友人・知人との連絡ではなく、仕事や業務に使っている人がたくさんいる。しかもそれは世界中で使えなくなってしまい、多くの人の生活や仕事に大きな影響が出た。

この障害は、Facebookが独占禁止法に違反していると言う疑いで、会社の分割を考えている議会や司法当局にとっては良い言い訳ができたのかもしれない。会社が分割されていれば、これらのアプリが同時に障害により停止すると言う事はなかったかもしれないからだ。

さらに問題だったのは、FacebookとInstagramの広告によってビジネスを行っている企業だ。FacebookとInstagramの広告からの流入により売り上げを立てている企業の収益は、この日大幅に落ち込んだ。広告主だけではなくFacebookにとっても、これは大きな打撃となる。Facebookはその収益の98%は、約1000万社の広告主からの広告から成り立っている。これが何時間も止まると言うことになるとFacebook自体の収益にも大きな影響が出る。

このFacebook とInstagramのアプリが障害で停止してる間に、Twitterの利用が伸びたと言う。Twitterは間に、「こんにちは、文字通りの皆さん」と言うツイートを出した。これはなかなか面白いジョークで、普段はInstagramやFacebookを見ている人も、この日はTwitterを見ていると言う状況を笑っている。多くの企業も、このTwitterのツイートに反応して、ツイートした。例えばNetflixは、今人気の「イカゲーム」の出演者の画像を使って、Twitterが「みんな(everyone)」を助けている画像をツイートした。

企業だけではなく、多くの人がFacebookとInstagramの障害についてのジョークをたくさんツイートしている。そのうちの一つには、「InstagramとFacebookが毎日、停止してくれれば生産的な日が送れる」と言うのがあった。

こういうジョークでいられるのは、他のシステムが動いているからだ。Instagram、Facebook 、WhatsApp、 MessengerだけではなくLINE、TwitterやGmailも同時に止まってしまうと、世界はどうなってしまうのだろうか。確実に麻痺していろんなことが回らなくなってしまう。これらの民間企業だけに依存するのではなく、バックアップシステムを普段から真剣に考えるべきなのかもしれない。インターネットが停止したら、何もできなくなるが、インターネットを前提として、メールなどをバックアップの連絡手段として準備して、連絡が常時必要な相手と交換しておくなどの対策が必要だ。

Google マップの新機能

Google マップの新機能で、各県の新型コロナウイルス感染症の患者数の傾向が表示できるようになった。

スマホのGoogleマップの右肩のマークをタップすると、表示する項目が現れその中にコロナ関連情報というのがある。これを選んでマップに戻ると各県の状況が「増加傾向」、「安定」、「減少傾向」と言う3つのカテゴリーでマップの上に表示される。

日本全体を見ると、安定してるところもあるが、増加傾向が日本全体に広がっているのがよく分かる。原因については明確ではないがGoToトラベルが始まっていることも理由の1つかもしれない。それと想像だが、7ヶ月にも及ぶ長い自粛期間のために自粛疲れでリベンジ活動が活発になっていることが、GoToトラベルと組み合わさって起こっている可能性がある。

しかし、楽観してはいけないが感染の症例は増えているが、死亡者数はあまり増えていない。治療方法が進化してきたと言うこともあるが、高年齢の感染者数は安定している。高リスクの高齢者は引き続き自粛や警戒を続け、若者や現役世代は自粛や警戒のレベルを下げて感染しているので、感染者全体では年齢が低下して重症者が少ないと言うことが言える。

死亡者が少ない状況が続くのであれば、今のままGoToトラベルも含めて少しずつ経済活動を再開すべきだろう。失業率や倒産件数などの経済指標を見る限り、景気に大きな影響が出ている現状に改善する事は重要な課題だ。対応としては、注意しつつも経済活動を再開する以外にない。

ただ、これは日本の状況で世界的に見ると感染が活発な事は間違いない。死者数も世界全体では毎日1万人単位で増えており、すでに104万人を超えた。感染者数が多いのは、アメリカ、インド、ブラジル、ロシアというところで、現時点の増加率ではヨーロッパの各国や南米のアルゼンチンが上位にくる。この地域では一旦落ち着いたものの、再び感染が広がっていると言えるようだ。

ニュースの記事によると、トランプ大統領はすぐにも退院できそうだと医師が発表している。ただ別の記事によるとトランプ大統領は血中の酸素が、通常は95%が重症と判断されるところが90%まで落ちて、かなり早い段階でステロイド系の治療薬のデキサメタゾンを投与されていると言う。重症者以外には使われない薬で、かなり重症化していたか、あるいはトランプ大統領自身がリスクを考慮しないで、投与を強要したと言うような観測もされているようだ。

この感染症についての治療はまだ手探り状態なので一般的に言えばリスクの少ない方法をとるのが一般的だが、権力者であって、あの性格のトランプ大統領が何も分からずに私に命令すると言うような事は想像に難くない。

大統領選挙が近づいているが、今回のホワイトハウスにおけるクラスターの発生でトランプ大統領の危機管理について疑問の声が上がり、バイデン候補と支持率の調査結果も、10ポイントも差をつけてトランプ大統領は追いかける立場になっている。残りの選挙期間が大統領自身の健康問題も含めて注目される。