ニュージーランドの歴史

ラグビーの仕事をしていた時に、ニュージーランドの人とたくさん知り合った。マオリ族の話もよく聞いた。オール・ブラックスにはマオリ族の血筋を持つ人も多くいる。マオリ族の血筋を持つ人だけで構成するマオリ・オール・ブラックスと言うチームもあり、ラグビーワールドカップ2015イングランド大会前の2014年に来日して、日本代表と2試合行っている。

2011年のラグビーワールドカップ・ニュージーランド大会ではマオリ族の歴史や文化が演出や装飾に反映されていた。そのために、当時、多少はマオリ族のことを調べたりもした。

その時に、マオリ族は、1000年ほど前に当時は無人のニュージーランドに南太平洋の島々から渡ってきた人たちだと聞いていた。

ネットを眺めていたら、マオリ族の歴史という文字が目に入ったので読んでみた。南極の氷を研究についての記事だ。

南極の氷を、縦に1メートルほどくり抜いたものから、その氷に含まれている物質を研究することにより、南極の歴史を知ろうと言う試みのようだ。南極の氷を何箇所から採取したところ、ある一箇所から採取した氷から煤が発見された。年代としては13世紀と結論づけられた。

南極の他の地域では、煤は発見されていないため、発見された北南極のジェームス・ロス・アイランドからの大気の循環を研究したところ、そこに煤が降る可能性があるのはニュージーランド、タスマニア、南パタゴニアだけだと分かった。さらに、この3地域に堆積している煤の記録を分析して、南極の氷の中の煤と同じように、ニュージーランドで13世紀に煤の堆積物が増加していることを発見した。

この記事を読んで驚いたのは、ニュージーランドから煤が発見されたジェームス・ロス・アイランドまで何千キロも離れていることだ。

火を使う影響は、これほど遠くにまで及ぶと言うことを知って、我々が使うガソリンや火力発電所などがどれほどの影響を地球に与えているかと言うことを思い知らされる。

この研究によって、ニュージーランドで急速に火を使うとようになったのは13世紀と言うことになる。今から700年前だ。もともと言われていたマオリ族はニュージーランドに1000年ほど前に住みついたと言う歴史は書き換えられるのかもしれない。

ニュージーランドに渡ってきたマオリ族は、もちろん日常生活にも火を使ったのだろうが、深い森に追われているニュージーランド開拓するために、森を燃やし、居住地は道路を作っていったと思われる。その火の煤が遠くまで届き、その一部が南極で発見されたと言うことだ。

この研究によりニュージーランドの歴史が書き換えられるかもしれない。昔に調べたように、1000年前にマオリ族がニュージーランドに到達して居住し、18世紀ごろからヨーロッパ人が航海の補給地として利用するようになったと言われていた。そして、その頃が、ニュージーランドのラグビーの始まりと理解していた。

ラグビーは別にして、ニュージーランドの歴史の始まりを13世紀まで遅らせることになるのか。もちろん、今回の研究では証明されないのは、マオリ族は以前から居住していたが、日常生活で使う程度の火であれば南極まで煤が飛ぶこともなかったかもしれない。それで、13世紀になって、マ大規模に森林の開拓を始めたために、その時の煤が南極に届いたと言う可能性もある。

個人的にはニュージーランドは行ってみたいところなので興味はあるが、その歴史がいつ始まったかと言うのは自分には直接関係ない。地球の大気は循環しており1つの場所で起こった事は、多くの場所に影響与えると言う事を理解はしていた。しかし、この記事から説得力のある証拠で実感させられた。

Led Zeppelinの「天国への階段」裁判が結審

Led Zeppelinの「天国への階段」のイントロのメロディーが過去の楽曲と類似していると言うことで訴訟が起こされていたが、アメリカの最高裁判所は原告の著作権侵害の訴えを棄却して結審した。

これは今年の3月に著作権違反には当たらないとしてLed Zeppelin側に有利な判決が出ていたが、原告側が最高裁での審理を求めていたもの。今回の最高裁の決定で原告の敗訴が決定し、Led Zeppelinの「天国への階段」は著作権違反はしていないという結論が確定した。

最高裁は、理由としてはイントロにおける類似がミニマムであり、類似性は明確でないとした。

この裁判は2014年に始まり6年かかって結審したと言うことだ。この2014年ごろから同様の訴訟がいくつもあり、Sam Smithの大ヒット「Stay with me」が、先日亡くなったTom Pettyの楽曲に類似していると言う訴訟が起こされた。これについてはSam Smith側が類似を認め、Tom Pettyの楽曲の作曲者であるTom Pettyともう1名を「Stay with me」の作曲者として、権利料を支払った上で、著作権収入の12.5%を支払うと言うことで和解している。

ちなみに、この両方の曲は大好きだが、音楽の素養がないせいか、全く似ているとは思わない。

同様にシックとウィリアムズの「ブラード・ラインズ」がMarvin Gayeの楽曲に類似しているとして起こされた訴訟では、約9億円の支払いを命じる判決が出ている。

この2つの事件では元の楽曲の作曲者の訴えが認められたが、反対に認められなかったのはケイティーペリーの「ダークホース」で、一度は約3億円の賠償金の支払いがの判決が出ていたが、今年の3月にその判決はひっくり返された。理由は、原告の楽曲の八分音符の繰り返しは独創的なものではなく、このジャンルの音楽ではよく見られるもので、著作権の侵害には当たらないとされた。

いずれにしても訴えられた楽曲とその歌手は大ヒット曲で莫大な収入を得ていたから訴えられたわけで、ヒットしていなければ訴えられなかったはずだ。Led Zeppelinの「天国への階段」は累計で6兆円以上の収入があったと言われている。

昔から音楽のパクリ問題はいくつも例があり、実際には日本でも裁判になったケースはある。有名な例は、小林亜星のCMソング「どこまでも行こう」の事件だ。テレビのテーマソングであった「記念樹」については「どこまでも行こう」の著作権侵害が認められ原告の小林亜星に賠償金が支払われている。

しかしパクリと言う噂が立つも裁判までいったケースが少なく、私たちも似ているなと感じていることが数多くある。これは、必ずしも盗作と言うことではなく楽曲を生み出すために記憶のどこかにあったメロディーが浮かんできたり、あるいは本当に偶然だと言うこともあり得る。

音楽だけではなくすべての芸術は模倣から始まると言われるが、元の作品に触発されて、新しく作品を作ると言うことが繰り返し行われ、その都度、元の作品に影響された新たな作品が生み出され続けているのだと思う。

すべての芸術家は全く新しいものを生み出すと言うことではなく、過去の作品の遺産の上で新しいものを生み出そうとしている。もちろん全く同じものを作ってそれを自分のものとして発表すると言うようなケースでは著作権侵害と言われても仕方がない。しかし触発された元の作品の一部が主要な部分になっていなければ著作権侵害とは言えないのではないだろうか。

日本の有名な例では荒井由美の「ひこうき雲」がプロコル・ハルムの「青い影」からヒントを得たといわれるが、どちらも素晴らしい曲で、荒井由実は全く新しい作品として新しい価値を作り出している。

この何年かの間に、アメリカで起こっている過去の楽曲の権利の継承者が血眼でヒット曲の類似点を探して訴訟を起こすような状況が日本にも及ばないことを望む。