Foxニュースの変心

アメリカの大統領選挙の決着が、ようやくつく。

バイデン候補がトランプ大統領を破った。現職の大統領が挑戦者に敗れたのは、第二次世界大戦後3回目のことで、1992年のパパ・ブッシュことをジョージH.W.ブッシュ大統領がビル・クリントンに敗れて以来のことだ。その前は、ジミー・カーターでロナル・ドレーガンに敗れている。

今回の選挙を受けてカマラ・ハリス上院議員が副大統領に就任するので、初めて副大統領になる女性となった。もう一つの記録は、バイデン候補は、すでに候補ではなく、バイデン大統領当選者だが、大統領に就任する最高齢になる

思えば、選挙前日にバイデン大統領当選者が、最後に選挙活動で訪れたのは、ペンシルバニア州だった。私はなぜペンシルバニアなのか、不思議な感じがした。激戦が予想されているフロリダに行かないと言うのは解せなかったのだ。しかし、分析によりペンシルバニアが重要だということがわかっていたのだろう。結果的にはペンシルバニアの帰趨が勝敗を分けることになった。

この数日、大統領選挙の経過を見ていて思ったのは、Foxニュースがいつもと違う動きをしていると言うことだ。まずアリゾナで、バイデン大統領当選者の当選確実が確定したと早い段階で報じたのは、FoxニュースとAPだけだった。他のメディアは現時点でもまだ当選確実を出していない。

それから、5日のトランプ大統領の記者会見の時のことだ。トランプ大統領は、選挙の不正が行われており、合法的な投票のみを数えれば勝利していると発表して、自ら勝利宣言のスピーチを行った。多くのメディアは、ファクトチェックのためにと称して中継を打ち切った。放送続けたのはFoxニュースとCNNだけだが、そのFoxニュースの画面には、ジョージアでの得票数の推移のグラフを同時に出し続け、トランプ大統領の得票数の現実を明確にしていた。さらにアンカーも不正の証拠はないと言うコメントをした。

これは、この数年のトランプ・チャネルと言われ、トランプ大統領寄りの報道してきたFoxニュースにしては、ずいぶん客観的な内容だ。多くのメディアがトランプ大統領に批判的な報道を続ける中で、Foxニュースだけは、トランプ大統領の支持を行ってきた。明らかなニュースをフェイクと報道したこともあった。

これは単に、Foxニュースが、トランプ大統領支持していると言うことではなく、Foxニュースが、多くのメディアが民主党寄り、リベラル寄りなのに対して、共和党寄り、保守寄りのメディアとして設立されたからだ。

ニュースメディア局を設立するにあたって、空白の共和党寄りのメディアを狙った。これは、マードックの戦略だ。それは成功して、CNNと並ぶニュースメディアまでに成長した。

だからトランプ大統領を全面的に支持してきたのも、共和党支持者やトランプ大統領支持者を視聴者として取り込むことが目的だったのだ。アメリカのメディアは、中立を標榜していない。事実は事実として伝え、その上で主義主張に沿った意見も立場を明らかにした上で伝えている。

多分それは、メディアとしての信念であり、ビジネスでもあろう。

ではなぜ、今回Foxニュースが、トランプ大統領の主張に対して客観的な立場をとったのかということについてはよくわからない。共和党内部にしても、すでにトランプ大統領の支持を続けることの難しさや、民主主義の基本である選挙そのものを否定する発言の愚かしさについていけないと判断したのか、客観的な勝利の見込みのなさが、報道のニュアンスを少し変えさせたのだろうか。

トランプ大統領は通常の敗者が行う敗北宣言を行わず、バイデン大統領当選者にも連絡もしていない。今後は、裁判闘争を通じて大統領職に留まろうとするのだろう。最後まで人格者と言われるには程遠い振る舞いだ。

大統領選挙での当選者の最高得票数は、オバマ大統領の6900万票だが、今回のバイデン大統領当選者の得票数は、現時点で7450万票を超えており新記録だ。しかし忘れてはならないのは敗れたトランプ大統領も、現時点で7040万票を得ている。

それほど今回の選挙は、民主党と共和党の双方の全力の戦いとなり、投票率も66〜67%と言う高い数字になっている。これほど激しく戦った双方が、コロナウィルス対策やそれに伴う経済危機の中で引き継ぎを行う。アメリカでは政権が変わると、トップのホワイトハウスはもちろん、各省庁の人事も全て変わり、その数は何万の単位になる。それがこの危機的状況でスムーズに対策を継続できるのかどうか。

アメリカ国内の新規感染者は、毎日記録を更新しており、11月6日にはついに13万人を超えている。この1週間ほどの選挙や選挙に伴うデモなどで感染が広まっていないか。ニュースの映像などで、特に共和党の集会を見るとマスクをしていない人が多いので感染を広げることになっていないのか心配だ。アメリカでの感染状況は来年のオリンピックにも大きな影響を与えそうだから、早く収束してもらいたいものだ。