発酵食品の効果

発酵食品に関する面白い記事を読んだ。普段から、ヨーグルトやキムチ、漬物などの発酵食品を積極的に食べているので、非常に勇気つけられた。

医学誌のCellに発表された研究は、スタンフォード大学の研究者が、発酵食品と食物繊維が豊富な比較的健康的な食事を比較したものだ。植物繊維や発酵食品が体に良いことはよく知られているが、比較してどのような効果があるかを調べたものだ。

研究では、健康な成人36名を2つのグループ分けた。10週間にわたって、1つのグループは食物繊維が豊富な植物性食品をたくさん食べさせ、もう一方のグループにはヨーグルト、ザワークラウト、ケフィア、コンブチャ、キムチなどの発酵食品をたくさん食べるようにした。食物繊維のグループが食べた食物繊維の量は、一般的なアメリカ人が食べる3倍で、発酵食品グループは1日に6カップ分の発酵食品を食べた。

2つのグループの血液中の炎症マーカーを追跡し、腸内細菌叢の変化を調べたところ、発酵食品グループでは、19種類の炎症性化合物が血液中から減少した。減少した物質は、2型糖尿病や関節リウマチなどの疾患で上昇する傾向のある炎症性タンパク質、インターロイキン6も含まれていた。一方、食物繊維グループでは、同じ炎症性化合物の減少は起こらなかった。

様々な病気や老化の原因とされる炎症が減るということは素晴らしいことだと、改めて発酵食品の効果を認識した。しかも、高食物繊維食と両立することから、両方の効果があれば更に良いと想像される。

腸内環境が健康や免疫に重要だとよく言われるので、気をつかって発酵食品を食べているから、ますます続ける気になる。

さらに、驚くことは、この研究の発酵食品グループの人の腸からは、多くの微生物が繁殖されていることが発見されているが、その5%だけが食品由来のもので、残りはどこから来たのかよくわからないそうだ。他の食品についていたものが、発酵食品の微生物により増やされたのだろうか。

腸内の微生物は、炎症を減少させることが、今回の調査で証明されている。しかし、その効果は、それだけではない。微生物が多くの化学物質を作り出すこともわかっている。それらの物質から生み出される環境が、ごく僅かな他の食品に付着している微生物を繁殖させた可能性が最も高い。そうでなければ、多くの微生物が腸内で無から生まれることはない。

この研究結果から、普段の食生活にお墨付きをもらったような気がする。