AppleのMacintosh 1984 CMのパロディ

米津玄師がバーチャルイベントに出演して大きな話題になった「フォートナイト」の新しい話。フォートナイトの運営会社のEpic Gamesがゲーム内のアイテムを公式のアプリストア外で買える機能を追加したことにより、AppleとGoogleがストアからの販売を8月14日に停止したのだ。

それでも、PC(Windows/macOS)、PlayStation 4、Xbox One、Nintendo Switchからでも購入できるから直ぐには問題ないし、そもそもすでに全世界でユーザー登録者数3億5000万人を超えている。しかし、iOSやAndroidから買えないのは問題だろうからここからどうなるのか今後の展開に興味がある。

このAppleの対応に対して、Epic Gamesは、独占禁止法違反を理由にAppleを訴えている。同時に様々なプラットフォームを通じて、AppleのMacintoshの発売時の伝説的コマーシャルフィルム「1984」のパロディの動画を発表した。これが、同じ8月14日だからスピードに驚く。

AppleのMacintoshでは、オーウエルのディストピアのビッグブラザーに擬されていたのはIBMだが、今回のフォートナイトではAppleがビッグブラザーだ。AppleのApp Storeのアクセス制限と30%の手数料が独占禁止法違反と訴えている。このような支配的な行動や商法がビッグブラザー的だと言いたいのだろう。Appleにも言い分はあるのだろうが発表はされていない。単純にApp Storeの規約は、Appleのビジネスとして決められていて、フォートナイトはそれに反したということか。

Appleは創業期から、For the rest of usというスローガンで高圧的な権力に対抗していることを社是としてきている。パロディの元のコマーシャルもそういう主旨で作られている。リドリー・スコットが監督してスーパーボウルで1回だけ放送された伝説のコマーシャルだ。個人的には歴史上のナンバーワンのコマーシャル・フィルムだと思っている。

これのパロディとしてAppleの対応を批判するのはセンスが良いし、何よりもこの時間でパロディを制作できるテクノロジーに驚かされる。

「謀反のお知らせ」

「ふるさと納税」の返礼品は、名産品や美味しい食べ物が多くとても好評だ。以前は、高額景品や転売などで問題になったこともある。最近では、名産とは関係ない、アマゾンギフト券を返礼品にして裁判まで行った泉佐野市の事例もある。自治体にとっては税収を増やすために様々な企画やアイディアが出されてきた。それが行きすぎて問題になっているにせよ、「ふるさと納税」の基本的な考えとしては、出身地や応援したい自治体への納税ということで意味はあると思っている。

返礼品の競争になって本来の意味が失われている、行きすぎた現状は泉佐野市の事例でも明らかだ。そこに、素晴らしい返礼品が登場した。京都府福知山市の「光秀からのハガキ」だ。「謀反・下克上に関する大切なお知らせです」、「責任を負いかねます」、「成功しても長期政権を保証するものではありません」などとウィットに富んだ葉書が届く。「ふるさと納税」も3000円からで、寄付すると「明智光秀 × 福知山サポーター」になり、ハガキと同時に「福知山城天守閣」と「福知山光秀ミュージアム」の無料入場券も届く。高額の返礼品や食べ物でなく、本当に福知山市との縁ができる返礼品になっている。大河ドラマで話題になっているということもあるが、お金をかけずにアイディアだけで多くに人の心を動かす、素晴らしいマーケティングだ。すでに目標を達成しているということも納得できる。

マーケティングの基本や人の心にどれだけ届き、行動を促せるかだ。その意味で、この企画はマーケティングの勝利だ。