TikTokがNYヤンキースと契約

トランプ政権がTikTokの親会社のバイトダンスに対してアメリカでのオペレーションを9月15日までに売却するか、そうでなければ業務停止命令を出すと言っているが、そんな中でNYヤンキースがTikTokと契約した。

ヤンキーすkの試合のsテレビ視聴者の平家員年齢は57歳と言われているが、ヤンキースとしては10代から20代の若いターゲットにアプローチしたいようだ。検討されている内容は、選手の試合外での映像、ウィークリー・ハイライトやファン向けの特別映像などをTikTokを使って配信してゆくようだ。契約の範囲が分からないが、マー君の映像がTikTokで日本でもみられるのかもしれない。

メジャーリーグも試合数が新型コロナウイルス対応で減っている。だから余計に若い世代に対して露出を増やそうとしているのかもしれない。日本なら、政権の圧力や同調圧力で契約をためらうところだが、アメリカはやはり自由の国だ。