ノッティング・ヒル、ロンドン

2013年から2016年にかけてロンドンに長い間滞在した。長い時は2ヶ月近く滞在し、短い時でも1週間。平日は仕事があるから、夜に食事に出かける程度だが、週末はロンドンのあちらこちらを歩いた。

どちらかと言えばロンドンの東側のショアディック(Shoreditch)の辺りの写真を撮って歩いていた。でも、西のノッティング・ヒル(Notting Hill)に行くこともあった。ショアディックがニューヨークで言えば、イーストビレッジとすれば、西のノッティング・ヒルは、アッパーウエストという感じだろうか。

これは映画の「ノッティングヒルの恋人」の舞台だから行ったと言うこともあるが、のんびりと食事をしたり、ビールを飲んだりするような場所がいくつもあって楽しめた。東側の猥雑さは緊張感を強いるが、西のノッティングヒルはリラックスできたのだ。

地下鉄のNotting Hill Gate駅で降りて少し歩くと、メインのPortobello Rdに出る。日本語では、ポートベロと書いているのを見かけるが、アメリカで食べていたポータベロ・マッシュルームの発音と同じように、個人的にはポータベロと呼んでいた。どちらが、より現地語の英語に近いのか知らない。ポータベロ・マッシュルームは日本ではあまり食べないが、ニューヨークにいた時は好物だった。それとは直接関係ないが、Portobello Rdに親近感を抱いていた。

上の写真は、映画の中でヒュー・グラントが演じる主人公が住んでいた場所。2階に少しテラスがあるのですぐにわかる。この家の赤いドアは映画の中でも青く塗られていたが、そのドア自体は映画の後でオークションで販売されてしまったそうだ。

主人公が経営していた旅の本だけ集めた書店はフィクションだが、撮影に使えられた店舗は現存した。写真を撮った2013年には靴屋だ。それから、多分映画から発想された、ヒュー・グラントが経営する旅の絵本を集めた書店とおなじような書店は、この場所から少し離れた脇の路地にあった。映画では全く使われていないし、多分関係ないと思うが、旅行関係の本をたくさん集めて販売していた。

このポータベロー通りは、週末にはアンティークと言う名前のガラクタがたくさん売られる屋台が出る。Notting Hill Gate駅から遠いほうに行くと、週末には、映画に出てくるような野菜や果物を販売するマーケットの通りとなっている。この通りに行くのは、夜に食事に行く以外は週末が多かったので生鮮食料品のマーケットの写真をたくさん撮っている。

Notting Hill Gate駅からポータベロー通りを歩くと、通りのはずれは、Ladbroke Grove Stationがあって、そこの広場でも骨董市が開かれていた。

がらくたに混じって、古いカメラがたくさん売られていて、覗いたりしていたが買うことがなかった。古いカメラは古すぎて撮影には使えなさそうだし、少し新しいものはプラスチックでできたカメラで、興味をひかなかったからだ。いちどだけ買い物をしたのは、古いラグビーの写真で、1枚数ポンドで1000円もしないから買った。

2013年から2016年と書いたが、1番回数が多かったのは2013年で、この時にたくさんフィルムで写真を撮っている。その後は、忙しかったのと滞在期間が短かったのであまり写真は撮っていない。

撮ったフィルムは現像は終わっているが、忙しくてきちんとプリントができていない。ロンドン以外にも海外で写真を撮りにいったフィルムがたくさんあり、プリントをしなければいけないが、始めるならまずロンドンの写真からだ。

プリントで思い出したが、ある出張の際に、足りなくなったフィルムを買いに行って、フォコマート2を購入して、ホテルに運んでもらった。運ばれてきたケースを見たら、あまりにもサイズが大きくびっくりした。それが3ケースもあり、自分1人の分としては日本に持って帰って来れなかったので、たまたま同行していた同僚にお願いをして彼の分として運んでもらった。

この頃の出張は、すべてビジネスクラスだったので、あの大きなケースを運べた。2014年以降の出張は、別の組織に移ってからのものだったのでエコノミークラスだとあの荷物を運んでもらえなかったと思う。しかも当時は、ビジネスクラスには成田からのハイヤーがついていたから、自宅までその巨大な箱を3個も運べたのだ。

そのフォコマート2は、自宅のガレージ暗室で使い始めた、しかし、その後忙しくあまりプリントができていない。そのプリントができてない理由の1つは忙しさもあるが、自宅で現像液を使ったりすることが環境問題への影響を考えると控えなければいけないと思い出したからだ。2013年の9月に東京オリンピックが決まり、東京湾で各種の競技が行われると言うことを考えると、自宅から廃液を海には流したくないと言うような気持ちになった。ずっと行っていた自宅フィルム現像を止めたのも同じような理由だった。

ノッティング・ヒルの写真を見ていて、ロンドンに最後に行ったのはいつかと考えると、多分2016年の11月ごろだと思う。新型コロナウィルスが収束したら、また旅行に行きたいが、行き先の候補はロンドンも上位に入る。何度か行ったPortobello Rdのパブでエールを飲んでみたいものだ。