ロンドンで見たスポーツ

ロンドン滞在は1週間と少しだが、その期間にいくつかスポーツを見に行くチャンスがあった。まずは、ラグビーのイングランド対南アフリカのテストマッチ。イングランドは、日本の前監督エディ・ジョーンズが監督になって10連勝がかかる試合だった。このところ不調の南アフリカに対して絶好調のイングランドは簡単に点を取っていって危なげなく快勝した。選手があまり変わっていないないにも拘わらず、今年のシックスネイションでも全勝優勝を飾るなどエディ・ジョーンズが監督なって大きく変わった。ラグビーというスポーツは監督で大きく変わるようだ。選手の入場も見たのだが、ツウィッケナムのスタジアムの入るチームメンバーの誰にも増してエディ・ジョーンズへの拍手と歓声が大きかった。その後もイングランドは勝ち続け、現時点では連勝を12まで伸ばし、イングランド協会の記録になっている。

その次に見に行ったのはウエンブリーでのイングランド対スペインのフレンドリーマッチ。これもイングランドが頑張って攻めに攻めて2-0で終盤まで来たが試合終了間際のスペインの2点でドロー。まあ良い試合といえるだろう。ツウィッケナムに比べて一回り大きい9万人のスタジアムはいつ見ても美しいスタジアムだが、今回も満員だった。

最後に見たのは、O2アリーナのATPツアーファイナルの予選ラウンドの錦織対マレーの試合。これは接戦の末に第一セットを錦織が取り勝利を予感させたが、惜しいところでポイントを落としたことがたたって逆転負けを喫した。とは言えその差はほんの少しで錦織がいつ勝ってもおかしくはないと感じた。マレーはその後も勝ち進み2016年の王座を手にしたことを考えると錦織の落とした星は惜しいが、価値のある負けとも思えた。

今回行った3つのスポーツ施設は、中心から30分程度で行ける場所にあり。ラグビーのツウィッケナムは8万人、サッカーのウエンブリーは9万人、汎用アリーナのO2アリーナは2万人と東京のどのスポーツ施設より質・量ともに勝っている。オリンピックをめぐるスポーツ施設への巨額の投資が問題になっているが、東京が世界の中でも観光客にも魅力があり、活気のある住みやすい街でいるためには考えなければいけないと思った。

旅行続き

前回の更新から時間があいてしまった。国内では北海道、関西への旅行があり、海外ではバルセロナとロンドンに行ってきた。旅行に行くと言っている間は忙しいし、帰ってからはさらに忙しい。そんなことで、更新しないまま時間が過ぎてしまったが、またブログに戻って日記を開始したい。

最も直近のロンドンの話からか書くと、サッカーのイングランド対スペインのフレンドリーマッチをウエンブリーで見たり、O2アリーナで錦織対マレーのテニスを見たりしていた。11月のロンドンは東京より少し寒いが時折、降る雨がロンドンらしくて懐かしかった。この数年、年に5、6回は行っていたが今年は11月が初めて。相変わらず観光客も多くて街はどこも人が溢れて、レストランもお気に入りの場所は予約しないで行ってみると入れないということが2度あった。

帰りの日に時間があったので1年ぶりのTate Modernへ。昨年は建築中だった新館が完成していた。コンクリートの打ちっぱなしと木材を組み合わせた建築は新鮮味はないものの清潔な感じがして好感がもたれる。

ちょうど、エルトン・ジョンが集めた写真が展示されていたが、これは多くの見たことのある有名な作品を含むもので展示としては見ごたえがあり長い時間を過ごした。特にアンドレ・ケルテスの泳ぐ人の作品はエルトン・ジョンも好きな作品ということだったが非常に興味を持った。知らない写真家の作品もあったのでメモをもとにこれから研究してみたい。

今回の旅行は悩んだ末、フィルムライカで臨み、デジタル写真はFuji X100とiPhoneをメモ代わりに持参した。