ライカM11の流出画像

今年の11月11日発表と噂されているライカM11の流出画像がネットに流れている。フェイクではないかと言う意見もあり実際はよく知らない。

その画像を見ると、軍艦部のシャッターリリースの横に小さなボタンがある。それはビデオのボタンなのか、単なるファンクションボタンなのか。しかし、画像が本物だとすれば、11月11日の発表が近い。

だが一方で、発表が2022年まで送らされると言う逆の噂もある。その理由はコロナ禍で起こっている部品不足と配送の問題だと言う

以前より出ている噂を整理すると、まずベースプレートがない。これは使いやすいのかもしれないが、長い間ライカを使っていた感覚からすると少し寂しい。

センサーは、ライカM10-Rへと同程度の4,000万画素と言う説と、現行のM10の2,400万画素からアップグレードした3,600万画素などいくつか説がある。さらに、もう一つ別の説では、1,500万画素、3,600万画素、5,000万画素に設定を変えられると言う説も別にある。これについては不要な機能だと思う、5,000万画素が最大であれば、5,000万画素で普通に使ってしまうものだから、わざわざ設定を変えて撮るケースと言うのは少ないのではないだろうか。個人的には、後処理の際のコンピューターの能力やデータの保管等の問題まで考えるとあまり大きくしないでもらいたいと思う。それに、画素数が大きいと、センサー上の1画素が小さくなり、暗い時に不利になることを危惧する。

既に使っている2,400万画素のM-Pのデータサイズでも、かなり大きなファイルになり、その保管に頭を悩ませている。

それから、今回のライカM11には、Wi-FiのBluetoothの機能が入るのではないかと言われている。これは撮影データの取り回しなどで便利なのかもしれないから期待している。

ライカのレンジファインダーを使っている理由の一つは、光学式のファインダーが備えられている数少ないカメラだからだ。どうも初期のEVFの印象が良くなかったのか、多くのミラーレスのEVFを覗くと船酔いがするような感じがする。だからサブで使っているカメラも同じく光学式ファインダーの備えられているFUJI X100Fだ。これは初代から使っていて、買い換えて今は2代目。

ライカM11が、当初の噂通りに11月11日に発表されるのか結果を待っている。それはライカM11-Pが発売されたら買い増しをしようと思っているので、M11が遅れれば、その分M11-Pも遅れるから心配しているのだ。個人的には、やはりライカは軍艦部に、あのロゴが刻印されてないと安っぽく見える。M6は、使い勝手は、今の手持ちのM3, M4に比べて使いやすい。だが、軍艦部が寂しくて愛着がわかない。だから、遅れてもM11-Pが出るまで待とうとは思っている。