旅行続き

前回の更新から時間があいてしまった。国内では北海道、関西への旅行があり、海外ではバルセロナとロンドンに行ってきた。旅行に行くと言っている間は忙しいし、帰ってからはさらに忙しい。そんなことで、更新しないまま時間が過ぎてしまったが、またブログに戻って日記を開始したい。

最も直近のロンドンの話からか書くと、サッカーのイングランド対スペインのフレンドリーマッチをウエンブリーで見たり、O2アリーナで錦織対マレーのテニスを見たりしていた。11月のロンドンは東京より少し寒いが時折、降る雨がロンドンらしくて懐かしかった。この数年、年に5、6回は行っていたが今年は11月が初めて。相変わらず観光客も多くて街はどこも人が溢れて、レストランもお気に入りの場所は予約しないで行ってみると入れないということが2度あった。

帰りの日に時間があったので1年ぶりのTate Modernへ。昨年は建築中だった新館が完成していた。コンクリートの打ちっぱなしと木材を組み合わせた建築は新鮮味はないものの清潔な感じがして好感がもたれる。

ちょうど、エルトン・ジョンが集めた写真が展示されていたが、これは多くの見たことのある有名な作品を含むもので展示としては見ごたえがあり長い時間を過ごした。特にアンドレ・ケルテスの泳ぐ人の作品はエルトン・ジョンも好きな作品ということだったが非常に興味を持った。知らない写真家の作品もあったのでメモをもとにこれから研究してみたい。

今回の旅行は悩んだ末、フィルムライカで臨み、デジタル写真はFuji X100とiPhoneをメモ代わりに持参した。