運動は朝か夕方か

毎朝コーヒーを飲んでから、散歩することにしている。できるだけ有酸素運動になる様に、Fitbtの心拍計を見ながら早足で歩く。とりあえずこれが私の健康法だ。ところが、今朝読んだ記事で、1日の中で運動の良い時間は朝ではなく、夕方だと言うものがあった。

夕方の運動や散歩はしていない。私の生活習慣からは、毎日のルーティーンを変えないと夕方の運動はできないし、犬を飼っていたときの朝の散歩の習慣が身に付いているので、これを止めるのも難しい。

研究では、朝の健康が有害だと言っているわけではない。だから、止める必要は無いのだが、夕方の方が効果が大きいというだけだ。

この研究は、糖尿病の患者で、運動を朝した人と、夕方にした人を比べて、数値が改善した方は、夕方にした人だと言う研究結果。

私たちの体には、体内時計があり、日光に当たる時間、食事や睡眠の時間に影響受けている。これが、体温やホルモンレベル、血糖値、血圧などの数値を変化させている。そういうことからも、外に出る時間、食事や睡眠の時間が毎日決まっていることが望ましい。だから、健康のためには毎日の規則正しい習慣が前提となる。

午後の運動の方が糖尿病患者の数値の改善に役立ったと言う調査結果は、糖尿病でなくとも、毎日の新陳代謝の改善につながる可能性があると言うことだ。この調査結果は、アメリカのNational Library of Medicine (NIK)のサイトで公表されている。この調査では午後のHIITの運動が、午前のHIITの運動に比べると、糖尿病患者の数値の改善に役立ったと言うことだ。

HIITとは、高強度インターバルトレーニングという意味である。高強度・短時間の運動を繰り返すトレーニングのことだ。効果があることをわかっているが、苦しいのでなかなか取り組んではいない。多分私の場合には朝か夕方かと言う問題ではなくHIITを取り組むかどうかそちらの方が問題かもしれない。

ただ、夕方の運動が数値を改善したという結果は出ているが、その原因については解明されていない。想像するに、夕方の運動の結果、夕食の新陳代謝を効果的に進めるということかもしれない。そうだとすると夕方ではなく、夜の運動が望ましいということもあるのかもしれない。