下北沢に温泉

下北沢と言うと若者の街で、劇場、ライブハウス、中古ビニールレコード、中古書店と言うようなイメージだが、なんと温泉旅館がオープンした。

下北沢といっても駅で言えば世田谷代田駅の方が近いが、下北沢からも徒歩圏内だ。できた温泉旅館は、温泉旅館「由縁別邸 代田(ゆえん べってい だいた)」という名前で、本当に世田谷代田駅に隣接している。

2013年3月に小田急線が地下に潜った後のスペースが、「下北線路街」として再開発が進んでいる。区間は、世田谷代田駅から東北沢駅まで2区間なのでかなり広い敷地になる。旅館の隣には、先にボーナストラックと言うエリアができていて、前からいつも行く本屋のB&Bも、そこに移転している。というか、そもそもこのボーナストラックというエリアは、B&Bが中心になってシェアオフィスや若い人が店舗を持つことを支援するために企画されたようだ。

それで温泉だが、この旅館に日帰りプランがあると言うので、家族で行こうとしたが、人気が高いのか全て売り切れになっていて当分行けそうにもない。温泉ではなく温浴プランと言う名前になっているが、ランチのついているプランが4900円で、お茶とお茶菓子がついているプランが2700円。遠くの旅行温泉まで出かけることを考えると割安感があるので利用してみたいと思っている。ただ予約状況を見ると年内は無理そうだ。