フェルメールの「窓辺で手紙を読む女」の修復が完成

フェルメールの「窓辺で手紙を読む女」の修復が完成して画像が公開された。以前に一部だけ公開されていた、後ろの壁のキューピットが完全に姿を現した。写真で見ると、後ろの壁にキューピットの大きな絵がかかっているので、構成的には、ややうるさい感じがする。あるいは、見慣れたこの絵のイメージと違うのでそう感じるだけかもしれない。

この絵が所蔵されているドレスデンのアルテ・マイスター絵画館に行ったのは2008年だったから、もう13年も経ったことになる。最近よく感じるように、本当に月日の経つのは早い。

このドレスデンの「窓辺で手紙を読む女」は、個人的には好きなフェルメールの作品のベスト3には入る。手前の抹茶色のカーテンの色と女性の服の袖が印象的で全体的に緑がかった色をしていた。

2017年までは、後ろの壁を塗り潰したのはフェルメール本人だと考えられていたので、画家本人が構成を考えて、シンプルにしたと思われていた。しかし、研究によって、後ろの壁を塗りつぶしたのはフェルメールの死後の事だと結論づけられた。このために壁の上塗りを取り除くことと、全体的な修復が行われたと言うことだ。

今回公開された写真で見ると、緑かぶりが取れて、クリアな抜けの良い画像になっている。絵の中の「赤が青は、緑かぶりが取れてはっきりとわかるようになって鮮やかな印象だ。しかし、それがかえってうるさい感じもする。これも修復前の印象にとらわれているだけかもしれない。以前は、壁が無地ということで、シンプルな構成で、緑がかっていたために、コントラストの低い絵だった。実際にこの修復された絵の前に立ってみるとまた違うように見えるだろう。

修復のビフォー・アフターの写真を両方を見ると、まったく新しい絵になっていることがよく分かる。この絵は、来年1月に東京都美術館で展示されると発表されている。例によって大混雑になるのだろうが、新しい絵になっていると考えると、これは行かなければいけない。学校の都合でいけるのは2月に入ってしまうがそれはかえって混雑を避ける上では好都合かもしれない。