「コンバージョンAPI」はクッキーの夢を見るか

Facebookは、クッキーに代わるトラッキングツールとして、「コンバージョンAPI」を発表していて、普及に努めている。

インターネットの広告が、非常に効率的で効果的なのは、ターゲットの属性やインターネット上での行動履歴がわかるからだ。これは、クッキーと言われるトラッキングのためのコードによりユーザが使うブラウザを捕捉しているからだ。このインターネット広告の根幹とも言うべきクッキーが使えなくなる状況が生まれている。これにより非常に効果的なインターネット広告は大きな影響を受ける。

既にGoogleは2022年までにそのブラウザであるChromeにおける第三者クッキーのサポートを廃止すると発表している。Chromeは、PCでは最大のシェアをもつブラウザだから影響は大きい。またAppleもスマホでは6割を超えるシェアを持つブラウザのSafariでの第三者クッキーの制限を行い、自社クッキーの有効期限も24時間に短縮している。

このようにGoogleもAppleもクッキーの使用を厳しく制限する方針だ。これは生活者のプライバシー保護の意識に対応するものである。どちらもこの動きに対して、自社の製品を守るためにクッキーの制限という方針を出しているのだ。しかも、そのクッキーによって利益をあげられるのは、自社ではなく他社の広告事業だ。

カリフォルニア州では2020年1月に厳しい個人情報保護法が施行され、ウェブページには各ページにクッキーを拒否するボタンを設置しなければいけなくなった。これは多くの人が、リターゲティング広告と呼ばれる手法で、ウェブ上で同じインターネット広告に追いかけられて、不安を感じて苦情を申し立てた結果だ。これらのインターネット広告の手法は全てクッキーによるトラッキング技術が元になっている。

クッキーによるインターネット・ユーザのトラッキングができなくなると、広告主は効果的な広告ができなくなるし、その広告によってどれだけの販売がされたのかと言う効果の検証もできなくなってしまう。

伝統的なマス4媒体の広告と違って、インターネット広告は効果検証ができるところ、同時にターゲットを精緻に絞り込むことができるところが、最大の魅力だ。それを支えていたトラッキングのためのクッキーが、使用禁止になる、あるいは多くの人が拒否するような状況では、インターネット広告も、従来の広告と同じように明確な効果の検証もユーザの属性捕捉もできなくなってしまう。

この状況に対応しているのが、Facebookの「コンバージョンAPI」である。クッキーが無い言う新たな状況の中で、Facebook独自のトラッキングのためのシステムを発表している。Facebook独自のコードをFacebookの外のウェブページに埋め込むことにより、Facebook側からユーザの行動や購入が捕捉できる。

「コンバージョンAPI」以前は、Facebookに広告を出しても、その広告の効果は、Facebookでは分からず、クッキーによるトラッキングで、広告主は効果検証行ってきた。クッキーが禁止された環境でのFacebook側からの効果検証やユーザの行動履歴を見られるようにしたのが「コンバージョンAPI」だ。もちろん、今の第三者クッキーのように多くのサイトで共通に使われリターゲティングと呼ばれるような広告をする事は現時点ではできない。しかし、ECサイトのような自社のサイトで販売が行われたかどうかのような効果検証は、

Facebookは、クッキーに代わるトラッキングツールとして、「コンバージョンAPI」を発表していて、普及に努めている。

インターネットの広告が、非常に効率的で効果的なのはターゲットの属性やインターネット上での行動履歴がわかるからだ。これは、クッキーと言われるようなトラッキングのためのコードがユーザが使うブラウザを捕捉しているからだ。このインターネット広告の根幹とも言うべきクッキーが使えなくなる状況が生まれている。これにより非常に効果的なインターネット広告は大きな影響を受ける。

既にGoogleは2022年までにそのブラウザであるChromeにおける第三者クッキーのサポートを廃止すると発表している。Chromeは、PCでは最大のシェアをもつブラウザだから影響は大きい。またAppleもスマホでは6割を超えるシェアを持つブラウザのSafariも、第三者クッキーの制限を行い、自社のクッキーの有効期限も24時間に短縮されている。

このようにGoogleもAppleもクッキーの使用を厳しく制限する方針担っている。これは生活者のプライバシー保護の意識に対応するものである。カリフォルニア州では2020年1月に厳しい個人情報保護法が施行され、ウェブページには各ページにクッキーを拒否するボタンを設置しなければいけなくなった。これは多くの人が、リターゲティング広告と呼ばれる手法で、ウェブ上で同じインターネット広告に追いかけられて、不安を感じて苦情を申し立てた結果だ。これらのインターネット広告の手法は全てクッキーによるトラッキング技術が元になっている。

クッキーによるインターネット・ユーザのトラッキングができなくなると、広告主は効果的な広告ができなくなるし、その広告によってどれだけの販売がされたのかと言う効果の検証もできなくなってしまう。

伝統的なマス4媒体の広告と違って、インターネット広告は効果検証ができるところ、同時にターゲットを精緻に絞り込むことができるところが、最大の魅力だ。それを支えていたトラッキングのためのクッキーが、使用禁止になる、あるいは多くの人が拒否するような状況では、インターネット広告も、従来の広告と同じように明確な効果の検証ができなくなってしまう。

この状況に対応しているのが、Facebookの「コンバージョンAPI」である。クッキーが無い言う新たな状況の中で、Facebook独自のトラッキングのためのシステムを発表している。Facebook独自のコードをFacebookの外のウェブページに埋め込むことにより、Facebook側からユーザの行動や購入が捕捉できる。

「コンバージョンAPI」以前は、Facebookに広告を出しても、その広告の効果は、クッキーによるトラッキングで、広告主は効果検証行ってきた。クッキーが禁止された環境でのFacebook側からの効果検証やユーザの行動履歴を見られるようにしたのが「コンバージョンAPI」だ。

もちろん、今の第三者クッキーのように多くのサイトで共通に使われリターゲティングと呼ばれるような広告をする事は現時点ではできない。しかし、ECサイトのような自社のサイトで販売が行われたかどうかのような効果検証は可能だ。クッキーがなくなる環境へのFacebookからの回答であり、Facebookの広告の有効性を証明するために開発されたものだと言える。

現在、Facebookは広告主への説明会を開き、「コンバージョンAPI」の普及に努力している。