壁に朝陽

USオープン開幕

今日からテニスのUSオープン。大阪なおみ選手が先週の故障での棄権から回復しているかどうか気になるところ。残念ながら錦織選手はコロナで欠場になっているので大阪選手と他の日本人選手に活躍してもらいたいところ。

他のスポーツでも同様だが、今年のUSオープンも無観客での開催になる。あの2万人以上も入るすり鉢型のスタジアムで無音というのも違和感があるだろう。テレビの放送などではじんこう歓声を入れたりできるが、見ている方も音がないのは不思議に感じるからだ。

人間というのは基本的に変化は嫌いだ。今まで慣れたものが変わると最初は馴染めない。新型コロナ感染症による新しいスポーツの楽しみ方も慣れるまでにはかなり時間がかかるだろう。

アーサーアッシュスタジアムになってからUSオープンを現場では見たことがないから、現地に行ってから四半世紀も経ってしまった。テニスは前の方に座るとプレーヤーが身近にいて表情までわかるから臨場感がすごい。ロンドンで錦織選手のプレーを見た時もすでに2年ほども経ってしまった。そろそろテレビだけではなく現地に行ってみたいが、今の状況ではいつになるのだろう。

スポンサーもホスピタリティで顧客をもてなすこともできないから、スポンサー料の割引とかあるのだろうか?中止の場合には契約に含まれているだろうが、無観客についても何か規定がありはずだ。このようなイベントのスポンサーにとって重要顧客を招待するホスピタリティは重要な要素だからだ。コロナ禍のスポーツイベントについてこのような点について考慮

コロナ禍でのスポーツ観戦としてオンラインで歓声を送るとかメッセージを送るとかの取り組みも行われているが、これについては、コロナの影響がなくなっても続けるべきだし、主催者にとっても観客にとってもメリットのあるオンライン観戦の知恵をもっと出すべきだろう。

大阪選手の第一試合は日本時間だと明日の朝だ。