Brompton試乗

輪行を考えているので折畳み自転車を検討しているが、電動ではなく普通の自転車に心が決まったので、候補であるBromptonの試乗に出かけた。決め手はデザインとその携帯性の高さだ。調べると、その名前がロンドンのブロンプトン大聖堂に由来する事が分かって、より親近感が湧いた。

ロンドンは駐在こそしなかったが長期出張で長く滞在して、出張の回数でも4年に亘って20数回も行った町だが、出張の際にはメイフェアに定宿があったのだが、長期滞在の際にアパートを借りた。それがあったのはサウスケンジントンで、よく散歩した道がブロンプトン通りで、それを歩いていくとブロンプトン大聖堂があった。

そんなことも思い出しながら代官山のBrompton Junction Tokyoを訪ねた。試乗したいことを申し出ると名前も聞かないうちに一台を外の道まで運んで周辺の道路の説明をしてくれた。高価な自転車の試乗に名前も聞かないことに驚いて、そう伝えると、店の人は「ブロンプトンを買おうという人に悪い人はいません」と事もなげにいった。その瞬間に心は決まっていた。心配なのは、いつも乗っているマウンテンバイクとのギアの違い。代官山周辺は坂道が多くて、それをBromptonのギアと自分の脚力で登れるかということだけ。

簡単な説明の後、自転車を走らせてみると小径タイヤ故の反応の早さに最初は戸惑ったが、すぐに慣れた。坂道を下りて登り始めるとギアを軽くすると容易に坂も登れることが分かった。しばらく代官山周辺を走り回って店に戻ると、後は何色にするかだけを迷っていた。