眺めること、見ること、見えること

見ていても何も見ていないというのが普通だ、私の場合には。目は開いていても普通は何も見ないで歩いていることが多い。それが証拠に、知り合いから声をかけられたり、一緒に歩いている人に誰それとすれ違ったと言われて、何も覚えていないことが良くある。つまり、ただ眺めているが、何かを見ている訳ではないようだ。簡単に言うと、ボーっとしているということだろう。単に眺めているだけでは、何かを見ている訳ではない。

意識して見ることで初めて見ることができるようだ。でも本当に何かが見えるのは、もっと意識して見ないと何も見えてはいない。見るということは目の機能ではなく、脳の機能であることは知られている。たとえば網膜には視神経が集中して脳につながるための盲点があり、そこは何も見えてはいないが、脳全体で視覚を統合・補正して盲点が無いように見させているそうだ。あるいは、網膜の残像を脳で再構成して動作しているように見えるということもそうだ。きっともっとたくさんの事例があるのだろうが良くは知らない。

写真でいつもピントが気になるが、写真でピントが固定してしまうとピントの位置が大きな意味を持つ。人間の目ではピントはどこにでもすぐに合うようになっているし、脳で再構成しているから違和感は無い。写真になるとパンフォーカスで全体にピントが合っているのも、被写界深度が浅くて1点だけにピントが合っているのも、どちらも不自然というか不思議に見える。もちろん写真の表現なので、人間の見えるように撮れないし撮れていなくても問題はない。

日本ではボケが尊ばれて大口径のレンズを開放で使って浅い被写界深度の写真が好まれる。でも開放でレンズを使うと、どうしてもピントは甘く柔らかになり叙情的な雰囲気になるが、これも良いということなのだろう。最近まで柔らかい写りのボケの多い写真を量産していたが、このところはピントを深めにしようと努力している。でも夕方や夜はどうしても開放に近くなってしまい、柔らかくなってしまう。そんな場合は撮るなということだが、酒を飲んでの帰りはどうしても写真が撮りたくなる。それで、どうでも良いぼんやりとした写真が多くなると言い訳をしておこう。

なので写真で何かを見ようとしているわけではなく、レンズを通してボーっと眺めているということなのだ。眺めて、それが美しいと思えれば何が写っていても関係ないと思っている。一時、何も明確な形のあるものを避けてできるだけ抽象画に見えるようなものばかり撮っていたが、周りの人から意味が分からないと言われたが、そんなぼんやりとした情景が私の世界の認識なのだろう。だから、これからも何が写っているか分からないような写真を作っていきたい。

グーグル決済、秋にも上陸 スマホ支払い  :日本経済新聞

 【シリコンバレー=小川義也】米グーグルは三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)と組み、今秋にも日本でスマートフォン(スマホ)を使った電子決済サービス「アンドロイドペイ」を始める。日本はIC交

情報源: グーグル決済、秋にも上陸 スマホ支払い  :日本経済新聞

9月16日に発売されるiPhone 7 には、FeliCaが搭載されて PASMOやSuicaの交通系カードやEdyに対応するという話が聞こえてくるが、Googleも、もうすぐ「アンドロイドペイ」でスマホの電子マネー化を進めるという記事が出ている。今後、両陣営が各電子マネー運営会社とアライアンス合戦になって、どちらが何に使えるとか、携帯の機種選びに影響するのかもしれない。

しかし、個人的には携帯に電子マネーまで組み込みたくないので当面はパスのつもりだ。

Summicron 35mm F2 第1世代 8枚玉

最初にSummilux 35mm F1.4第1世代を買ってしばらく使っていたのだが、交換レンズが欲しくなる。普通で言えば、50mmのSummiluxとかになる訳であるが、そうなら なかった。それは、やはりまたライカの伝説のレンズが欲しくなったのである。それに、レンジファインダーで街撮りには35mmがちょうどよくて、その頃は 35mmばかり使っていたからでもある。

そのレンズは、Summicron 35mm F2 第1世代、いわゆる8枚玉である。当時もそれなりの値段がしたので、実際に購入するまでには新宿などのお店に何度も足を運んだが、ようやくレンズが綺麗で使用感が少しあるためにリーズナブルな価格で買える個体に出会うことができた。199万番台で、Leitz Wetzlarの刻印が入っていて無限遠ロックも付いているので希望通り。それで実際に使い始めて、フィルム現像が上がってきた時はちょっと拍子抜け。あまりにも普通の良く写るレンズであまり個性がないように感じたからだ。もっともかなり絞って使ったので、その個性があまり感じられなかった。
確かに開放ではやや暴れるものの、Summiluxに比べてやや落ち着いているのであまり面白みがない気もする。そういう訳であまり使用せずお留守番が多いのが現実である。デジタルのライカを買ったので、Summiluxと同時に使ってみて違いが見てみたいと考えている。しかし、この当時のレンズは手工芸品みたいなものだから、個体差が大きいのも事実で本当なら、別の8枚玉を手に入れれ比べるということもしなければ本当の良さはわからないかもしれない。

ボイジャー1号

プロキシマ・ケンタウリについて調べた際に、ボイジャー1号のことが出てきた。

Wikipedia引用———————————————————–

プロキシマ・ケンタウリは、地球との近さから、しばしば恒星間航行の目的地として挙げられる。宇宙船に重力加速度と同等の等加速度運動が恒常的に可能であれば、速度だけならば減速を考慮しても約6年、10分の1の0.1Gでも減速込で約14年で到達可能となる。 しかし、ボイジャー1号 (17.3km/s) のような等速度運動では数万年単位(ボイジャー1号の場合は7.3万年以上)の年月を要する距離であり、21世紀初頭の技術で到達するには人間個人の時間スケールで考えれば膨大な時間が必要となる。

———————————————————————–

ボイジャー1号は、人類初めて太陽系圏の外まで飛んで行ったそうだ。これは月着陸くらいすごいことだと思う。ボイジャーのことはなんとなく覚えているが、1号、2号と2機あったそうだ。1977年に打ち上げられたが、その頃には少し話題になった。ユーミンも「ボイジャー」というアルバムを少し遅れて発表している。

そのボイジャーだが、なにせ1977年の技術だから、搭載されているのは8トラックの音楽プレイヤーだし、コンピュータのメモリーはiPhone16Gの24万分の1だそうだ。確かに1977年だから、Appleで言えばApple IIが出たばかりだし、Nikonで言えばF2の時代だった。 Apple IIは記憶装置がカセットテープだったし、F2は完全機械式のカメラだった。そんな時代の技術が36年も飛んで、たった23ワットの送信機で太陽系圏外から通信しているからすごいものだ。

このボイジャーだが搭載されている金のレコードのことが話題になった。この金属製のレコードには各言語のあいさつや音楽が収録されている。27曲の音楽でなじみのないものもあるが、日本のものもある。良く知らないのだがきっと有名な曲なのだろう。それは、「鶴の巣籠り」という尺八の曲で山口五郎さんという人の演奏だそうだ。他には、

「ブランデンブルク協奏曲」
「ジョニー・B.グッド」    チャック・ベリー
「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ 」   ヨハン・ゼバスティアン・バッハ
「魔笛」     ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
「ペルー」     コンドルは飛んでいく
「Melancholy Blues」       ルイ・アームストロング
「春の祭典 」    イーゴリ・ストラヴィンスキー
「平均律クラヴィーア曲集」     ヨハン・ゼバスティアン・バッハ     グレン・グールド
「交響曲第5番(ベートーヴェン)」     ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
「弦楽四重奏曲第13番 (ベートーヴェン)」     ベートーベン

チャック・ベリーとかアームストロングを除くとクラシックに偏りがあって人類を代表するかと言うと良く分からない。ビートルズの「Here comes sun」を収録しようとしてレコード会社に断られたそうだが、他のポップスなども欲しかったかな。

ともかくいつの日か太陽系の外の宇宙で誰かが発見して聞くかもしれないと想像するとうれしくなるな。

幼年期の終わり

幼年期の終り (ハヤカワ文庫 SF (341)を読み終えたところにタイミングの良いニュース。

電子天体望遠鏡の能力が格段に上がっているが、それにつれて私たちの太陽系の外で新しい惑星がどんどん見つかっている。その数は数千の単位になっている。この数は宇宙の大きさを考えるともっともっと増えていくだろう
その最新の惑星は、プロキシマ・ケンタウリで見つかった惑星で、プロキシマ・ケンタウリbと呼ばれている。この惑星の太陽からの距離を考えると水がある可能性が高いそうだ。似たような環境の惑星はたくさん見つかっているが、最も近い太陽系で見つかったのは初めてだそうだ。最も近いと言っても4.25光年も離れているので近くもないが宇宙の規模で考えると近いということなのだろう。

近いと言っても現在の技術では、到着まで7.3万年かかるということで、新しい技術の航行システムで6年から14年ということだが、いつ実用化されるかも分からないので当面は、この惑星に生物がいても、その生物が高度に発達した技術を持たない限り、地球人がその隣人に会えるのはずっと先のことだ。

前に話題になったHD40307は、地球から44光年離れた場所にある。6倍近くも遠い。前にこのHD40307の周辺に3つの惑星が新た に見つかったが、その中のHD40307-gと呼ばれる惑星は太陽からの距離が、地球と同じく水が存在できるゾーンにあり、水が存在する可能性があると推測されるそうだ。つまり、そこには生命がいる可能性がある。これは、今回のプロキシマ・ケンタウリの惑星と同じ。

「幼年期の終わり」に出てくる NGS549672 は、りゅうこつ座の方向にある40光年離れた惑星である。小説では、ここから巨大な宇宙船にのって「上帝=Overload」と呼ばれる宇宙人が管理者と してやってくる。彼らは人類の進化と人類の種としての終わりに立ち会うというようなお話だ。古い小説だからネタバレは問題ないだろう。ちょうど読み終えた ばかりのタイミングで、地球から40数光年の場所に生命がいるかもしれない惑星が発見されたというニュースで驚いた。小説では、NGS549672 は地球より大きな惑星だが、HD40307-gは地球の7倍の大きさがあるそうだ。プロキシマ・ケンタウリbは大きさの記載は見つけられなかった。

HD40307-gが大きな星ということは空気や水があっても重力が強く、空気や水は重く、生物がいても地球の生物よりは小さいかもしれないと想像するがどうなのだろう。

小説の中に津波のシーンがあるが、読んだのが昔なので完全に忘れていた。あらすじと結末は当然覚えていたが、新しい小説のように楽しめた。ストーリーのつなぎかたなど前回読んだときは考えもしなかったが、うまくできている。クラークさんに申し訳ないほど偉そうだが、本当にそう思った。

この小説 を読もうと思ったきっかけは、先日飲んでいて話にでた日本人の運命からだ。アメリカの基地問題と中国との尖閣問題から、日本人の生き方を考えた時に、この小説のことが浮かんだのだ。戦後の日本には管理者としてのアメリカが存在していて、普段大抵のことは自由だがいくつか制限されていることがある。何がかは 明確ではないが、日本の国益とリンクするので、本当に制限されているのか、国益としてしない方が良いのかというあたりは良くは分からない。小説では、核兵 器を持つことや宇宙開発は制限される。その代わり、その指導により国別の政府が有形無実化し、産業が効率化し、世界はユートピアとなり人類は誰ひとりとし ての望まない労働を強いられることなく、好きな仕事を選んで働いている。また、交通システムも発達して、誰でも二か所に家を持ち、大抵は遠く離れた家を簡 単に行き帰しているというように幸福な暮らしをしている。

日本もまた同じように上帝のような存在があることは別にして、経済発展を遂げかな りの程度、世界の他の地域と比べれば国民の豊かさは確保されるようになった。だが、このシステムは内と外から崩壊しようとしている。一つは、国民の目標 だったり価値観の多様化に対応できないということ。さらに、このコップの中の安定をもたらしていたシステムが、つまりアメリカの存在が安定しなくなったと いうこと。小説では、人類は上帝に守られ見守られながら「進化」する。日本人も進化しなければいけないのだろうか。

小松左京の 「日本沈没」は壮大な日本人論の序章で、日本列島を失った日本人が世界を彷徨いながらアイデンティティを求める小説が、後から書かれる構想があったと聞い たことがある。これこそ、今の日本人が考えなければいけないことだ。「幼年期の終わり」では進化を遂げた人類は別の存在に姿を変え、地球を捨ててその歴史 も記憶も忘れ去り、別次元の高度な生命に進化する。日本人が同じように「進化」すべきなのかどうか。小説では、「種の進化」は、ある意味で「種の死」とし て描かれる。そういう進化をするのか、守らなければいけないものは何なのか。

「幼年期の終わり」の最後の人類の世代は、歴史上初めて人類と しての幸福な暮らしを実現する。それは、物質的な生活だけではなく、精神的にも幸福を追求することが実現できたからだ。、それは、人類の愚かな核戦争や宇 宙進出で、宇宙規模の災害を引き起こさないために管理者が派遣されたからこそ実現できた。管理されないと破滅的になってしまう人類が描かれているが、日本人はどうなのだろうか。

グローバル化とネットワーク化により、もはや日本人とは何かということを考えることがおかしいかもしれないと、ここ まで書いて思うが、どちらにせよ、日本人であろうとなかろうと自分のことを考えなければいけないのは事実なので、幸福を追求することと、自分はどこから来 てどこに向かうのかをみんなが考えなければいけないのは事実だ。

小説に描写される宇宙の果ての風景を読みながら、いつも身の回り3メートル のことばかり気にかけているが、それが何と視野の狭い生活かと思っていた。そこに最初のニュースの4.25光年先の惑星のニュースだ。何光年先まで考えられな いが、せめて地球的な規模で物事を考えなければと思った。

[amazonjs asin=”4150103410″ locale=”JP” title=”幼年期の終り (ハヤカワ文庫 SF (341))”]

デジタルのライカ

ついにデジタルのライカを買ってしまったのは6か月ほど前になる。最初から分かっていたが残念なことにあまり出番はない。主にフィルムカメラを使って、ちょっとした写真はiPhoneで撮るからだ。

それが何故、デジタルのライカを買ってしまったかというと、認めてしまうとひとえに物欲ということになる。単純に欲しかっただけだ。M8, M9, Mといくつも機種が出てきたが、その都度、踏みとどまってきた。それがついに買ってしまったのは、一つは定年という節目、もう一つは実はこちらが大きいのだが、軍艦部のライカのエングレイブだ。最初に買ったのが、M6ということもあり、他の機種とは違うツルッとした味気ない軍艦部が嫌いだった。それが、デジタルに引き継がれていたので、メインはフィルムということもありライカの機種はフィルムで増えていった、元々、欲しかったM3, それもシングルストロークとダブルストロークで2台、M4, M5 それからCL, さらにはバルナックIIIfと続く。でもデジタルは踏みとどまっていた。それは、デジタルはニコンとオリンパスの一眼とか、シグマと富士のAPS-Cサイズ映像素子のコンパクトサイズとかを使ってさらにiPhoneのカメラの画質が良くなってブログ程度ならどれでも良くて、作品はすべてフィルムだったからだ。

たまたまレンズを見に行った新宿のMap CameraでLeica M-Pを見かけて気になりだし、どうせ買うなら銀座のライカショップかなということで銀座にも行ったが結局買ったのは海外通販だった。

安さに転んだということなのだが、日本では安い方の新宿のMap Cameraよりも十数万円も節約になるのであればと考えてしまうのは当然だ。最終的には税金を払ったのでその差は少し狭まっている。

買ったのは、ウィーンのLeica Shop。価格は写真用品を買っているところと、そうは変わらなかったが、その時点ではユーロで買う方がややお得だった。価格から考えて国内で払わなければいけない個人消費の場合には海外小売価格の60%が課税対象額でこれに対して税金だが、Leica Shopは販売金額を安く書いてきてくれたので税金は35,000程度で済んだ。

しかし、今の円高で10万円ほども安くなるのは仕方がないが、Leica Shopでは当時の価格6,800ユーロが今はなぜか5350ユーロまで価格が下がっているから二重に残念だ。当時よりも30万円ほども安いのは残念を通り越してショックでもある。しかも購入後、ほとんど使っていないとなるとなおさらだ。

ということでこのブログの開始もありもっと使っていこうと考えている。

写真は近所で撮影。Leica M-P + Summilux 35mm

蜂蜜とブラックスワン

大病を患った友人から免疫についての本のコピーをもらった。その本を手本にして病気がぶり返さないように免疫に気をつけて生活しているそうだ。参考 にということでいただいたので読んでみた。健康法にはきっと色々な理論や考えがあるのだろうが、この本では魚、野菜、木の子をたくさん食べて塩分はさける ということのようだ。個人的には理にかなった食習慣だと思うので可能なことは取り入れようと思った。

その中で一つ気になったのは、蜂蜜を免疫を高める食品として勧めていたこと。ずっと前に蜂蜜は砂糖と同じで何の栄養もないと読んだことがあり、ずっと蜂蜜を避けてきた。アイスクリームや砂糖は エンプティ・カロリーという言い方をするが、同じようにカロリーは高いが何の栄養素も含まれていない空っぽの食品と理解してきたのだ。

それ が、今回、免疫を高める物質が含まれていると紹介されて信じる気になったのは、きっとナシム・ニコラス・タレブの「ブラックスワン」の影響だ。その本の中で、何かがないことを証明するのは大変難しいという例として、かつては母乳には何も有益な物質は含まれていないと言われ、多くの人は母乳ではなく粉ミルクに換えたり、食物繊 維は何の働きもしないと言われ、重要視されてこなかったことが語られる。その食品のメリットの証明はできても、メリットの不在の証明は難しいのだそうだ。 だから何の効用のないと思われた母乳や食物繊維は重要な効能があることは後から分かってきた。

もちろんタレブは健康食品の話を書いた訳では なくて、歴史上にはかつて経験したことことがないような出来事や想像もできなかった現象が起こりえて、特に株価やあるサービスや本と言った社会的現象に起 こる不確実性について書いた。その例はたとえばキリスト教の爆発的な普及やグーグルの成功などだ。それを彼はブラックスワンと呼んだのだが、不確実性の予 測の際に、今まで無かったからとか、理論的に不在が証明できるからとかの理由でブラックスワン的なことが存在しえないということは間違っているということ を主張したのだ。何かが無いと断言することは、何かがあると断言するよりずっと困難なことだそうだ。

彼の主張のように蜂蜜に有用な物質が含 まれていないという証明は難しいということから、今まで空っぽのカロリーと思っていた蜂蜜を、このところ朝ごはんのパンにつけて食べている。本の重要なポ イントではなく、その不確実性の主張の説明のためのたとえ話に影響されて、あっさり宗旨替えというのも、ポイントを外しまくる自分らしいなと納得。今はスプーンに一杯だが毎朝食べている。だからと言って健康になった感じまはまだまったくない。

新宿百景

久しぶりの休日なので雨が降りそうな中、下北沢から代官山まで自転車で写真集を見に出かけた。下北ではほん吉とビビビ、代官山はTサイトである。代官山の蔦屋の写真集の在庫は素晴らしく新刊から名作までなんでもある。というのは言い過ぎで写真集は少ロットで多種が発行されているから全て集めるいうことは不可能だ。

下北でも代官山でもこれはというようなものが手ぶらでライカショップに入ったら、「新宿百景」が山積みになっていた。代官山のこの店にもわずかに中古のカメラとレンズが売られているので癖のようにいつも吸い込まれてしまうのだ。と言ってもここでまだ買ったことはない。

お店の人に言って一部いただいて早速、読み始める。チェキで撮った写真は大きく引き伸ばされて良い雰囲気だ。写真はこうでなければならない。綺麗に写るのだったら自分の目の方が確かだ。レンズと化学物質で違う世界観が提示されてこそ写真と感じる。

このタブロイド新聞型の小冊子は、BEAMSが制作してBEAMSの新宿で配布されていたのは知っていたが、時間がなくて行けなかったので代官山でついでにもらえてラッキーだった。

森山大道さんは知っているが、他のお二人は知らない人だが全体的に雰囲気は統一されている。

ジャパンラグビートップリーグ開幕

2016-2017シーズンのジャパンラグビートップリーグが8月26日金曜日に開幕した。初日から4連覇を目指すパナソニックがヤマハに敗れる波乱があった。五郎丸選手が今年からフランスに移籍したが昨年も最後までいい戦いをしていたヤマハが3点差で勝った。最近は息子ばかりが話題になっていた清宮監督もシーズンに入って本業で話題になっていくのであろう。

昨年のラグビーワールドカップの日本代表の大活躍によりラグビーにも3年後に迫ったラグビーワールドカップにも注目が集まっているが、今年のトップリーグは昨年のラグビーワールドカップ・イングランド大会で大活躍した各国の代表選手も数多く参戦しているし、日本人選手もスーパーラグビーで技を磨いてきているので楽しみだ。

昨日は雨にもかかわらず秩父宮ラグビー場で行われた2試合には多くのファンが駆けつけて各チームの初戦に声援を送っていた。

ラグビーは90年代初めまでは野球に次ぐスポーツで人気が高かったが、93年のJリーグの開幕やラグビーワールドカップ1995南アフリカ大会でのオールブラックス戦の大敗など幾つかの要因があったのか、2015年の南アフリカ戦勝利の「ブライトンの衝撃」まで話題を欠いて日が当たって来なかった。それがあの3勝をあげる大活躍以来、スーパーラグビー参戦や7人制男子のリオオリンピックでのニュージーランドやフランス相手の勝利で4位入賞とずいぶん話題になってきた。スポーツでもなんでもそうだが、何か一辺倒というのは健全ではない。オリンピックが終わってこれからパラリンピック、野球も終盤に入り、サッカーもFIFAワールドカップの最終予選も含めて話題になるというのが成熟した社会のあり方だと思う。もちろん全てを楽しまなくても行きたいものだけ行くというのが良いのだ。

「コスモスの影にはいつも誰かが隠れている」

藤原新也と言えば私の世代だとシルクロードだ。そんな写真を見て初めて写真というものを意識した。シルクロード、メメントモリ、東 京漂流みんな好きだった。そんな意味で写真の力を知ったのは多分、藤原新也だ。特に普通のサラリーマンとしては、シルクロードがきっかけ起こったあの事件はある意味衝 撃だった。誰かに強い誰かに頭を下げ続けなくても生きていけるほど自由になれる可能性は藤原新也が教えてくれた。でもできなかったけれど・・・あのシリーズで人間は死んだら犬に食われるほど自由だと教えてくれたのだ。 「ヒト食えば、鐘が鳴るなり法隆寺。」今でもよく思い出す。理解はしたけど勇気がなくて実行ができなかったのは写真の力ではなくて自分のせいだ。

十数編の短編からなる本書は、冒頭の「尾瀬に死す」ら終編の「夏のかたみ」まで人間の生きると行くことを見つめた小説だ。芸大をやめて油絵を捨ててカメラを 持ってインドにいったいきさつをよくは知らないのだが、この短編集のどの作品にあるような生きるということを考えたのだろう。小説を書く写真家と言えば、 藤原新也でありちょっと若いと小林紀晴だが、このふたりはどこがちがっている。才能があり、精神的は自由をもっているということなのかもしれない。才能も なくいつも何かの奴隷のような私など想像もできない精神世界があるのだろう。

「死というものが人の命を捕えるのではなく、人の命が死を捕えるのだと」というのは登場人物のせりふだが、、よくは理解できないのだがなんとなく感じはする。忘れないようにしたい言葉だ。

それから、この本でしったニコラ・ド・スタールを今朝からネットで検索してみていたのだが、とても好きな絵だ。この画家を知ったことがおまけの喜びだ。もう少し資料を集めてたくさんにみたい。国立西洋美術館に所蔵されている絵があるそうなので近日中に行ってみたいものだ。

[amazonjs asin=”4309411533″ locale=”JP” title=”コスモスの影にはいつも誰かが隠れている (河出文庫)”]