「イノベーションのジレンマ」とカメラ

授業で学生にクレイトン・クリステンセンの「イノベーションのジレンマ」の説明をしていて、カメラの画素数競争のことを連想した。適切な事例で説明しようとして、様々な商品のことを考えたら、その時にカメラのことが思い浮かんだのだ。

授業でカメラを連想するというのも、趣味の話をしているのでどうかとも思う。学生には、ほかの商品の事例で話をした。

画素数競争を思いついたのは、たまたまライカエム11の噂を見たからだ。それによれば、Lieca M11の噂の記事を目にしていたからだ。

Leica Rumorsの記事によれば、M11の発売日は2021年11月11日、撮像センサーは、裏面照射型の3,600万画素、裏面のプレートは外れない、ボディ内手ぶれ補正無しということだった。

裏面のプレートは外れないというのは、ほかのカメラのように蝶番のついたカバーでバッテリーやメモリーを出し入れ剃るのだろうか。今まで慣れているプレート式が好ましいが、使い始めたらすぐになれるのだろう。手ぶれ補正n無しの姿勢が嬉しい。

画素数は、3,600万画素は少し大きい数字だが、仕方のないことなのだろう。Lieca M10Rが4,000万画素まで行っているので、少し抑え気味ということか。最近の他社のカメラに比べて画素数が少ない。そういう競争にライカが乗らないというあたりにライカの主義が感じられる。

このところ、高画素機競争のように、高画素のカメラが発売されている。Fujiは中盤だが、GFX100が1億200万画素、ソニーのα7R IV ILCE-7RM4が6,100万画素、キャノンのEOS 5Ds Rが5,060万画素、ニコンのZ7が4,575万画素と、高画素機がたくさん登場している。個人的には、3,600万画素でも大きすぎて、今使っているM-Pの2400万画素で十分と感じている。画質に問題はないし、今より大きなサイズになるとパソコンの処理能力やストレージに問題が出そうだ。

それから、自分の撮影スタイルだと、撮る時間帯が、夜明けの頃と夕方から夜にかけての時間帯なので、同じフルサイズのセンサーでも、高画素になると画素1個あたり受光面積は小さくなってしまうので、あまり大きいものを望んでもいない。今の2,400万画素程度がちょうどいいと思っている。と言っても、M11が出てもすぐに買う予定はないのだが。

この高画素競争と言うのは、まさにクリステンセンの言う「イノベーションのジレンマ」だ。各カメラメーカーが持続的なイノベーションを続けた結果、高画素に行き着くのは当然のことだ。より高スペックのカメラを目指して開発が続く。そして、あまりにも高スペックになって、結局便利なスマホのカメラ負ける。この場合にはスマホのカメラが破壊的イノベーションだ。実際に使っているiPhone11proのカメラは驚くほど写りが良い。これに負けているのが今の状況だと思う。

フルサイズのセンサーのカメラの適正画素数が今のままで良いと言うつもりはないが、どこかで歯止めをかけないとカメラそのものが一般の人から遠いところに行ってしまうように思える。これこそ、「イノベーションのジレンマ」だと、だんだん思えてきた。その時授業の中でカメラの話をすればよかったのだろうか。

ズミルックス(Summilux)50mm第二世代

ライカレンズのズミルックス(Summilux)とズミクロン(Summicron)どちらも35ミリと55ミリを持っている。ズミルックス35mmとズミクロン35mmが、第一世代で、どちらの50mmも第二世代のレンズだ。ズミルックス35mmの第一世代は、特別なレンズだし、ズミクロン35mmは8枚玉にこだわったからだ。

ズミルックスは、よく使うが、ズミクロンを持ち出した覚えがあまりない。単純に好みの問題なのだが、夕方や夜の写真が好きなのでやはり1段の違いは大きい気がしている。今使っているM-PはISOを6400まで設定できるが、1600までしか使っていない。だからやはり1段の違いは大きい。

M10のISOはどこまで実用?

これがM10だと50,000まで設定できるようだし、実用可能性がどの程度か分からないが、少なくとも私のM-Pよりも数段分あげられるはずだ。とは言え、f1.4のズミルックスが好きだから使っているので、ISOが大幅に上げられるとからといって、ズミクロンを使うとも思えない。だんだん持っているだけ、無駄なような気もしてくるが、これも悪い癖で、手持ちのコレクションを減らしたくない。

先日銀座のライカショップにセンサーのクリーニングに行った際に、M10を触らしてもらったら、ボディーの厚みが薄くなっている事を実感して、シャッターの音に魅せられた。M-Pは動画も撮れるが、そもそもほとんど使ったことがないので、動画はM10の欠点にはならない。ボディーの厚みはノクチルクスを使う時には、今のM-Pの方が安定が良さそうだ。なので厚みの方はどちらでも良いのだが、やはりシャッターの音に心惹かれる。M10になってさらに上品になった感じだ。

Summiluxは柔らかい写り

ほとんど使っていない何本かのレンズをドナドナしてM10を手に入れると言う可能性もあるが、M-P に十分満足しているので、今のところまだ踏み切れない。話が脱線したが、昔はライカレンズと言えばズミクロンと言うイメージがあったが、私にはf 1.4のズミルックスの方がしっくりくる。その理由は明確には言えないのだが、なんとなく柔らかくて、繊細な画が取れるような気がする。それは単にオールドオールドレンズで解像度が低いだけなのかもしれない。いずれにせよ仕事で写真を撮るわけではないので、自分が気持ち良いレンズを使うのが1番良い。

最長の製造期間

1969年 – 1991年 と22年間という長期にわたって製造・販売された。これだけの期間、新モデルが出なかったレンズは少ない。それだけ当時から完成度が高く、欠点が少ないと評価されたのだろう。実際に、35mm第1世代に比べるとシャープな写りをする。50mmの第1世代は、1959年から1961年までの2年間しか製造されていない。Type1と呼ばれるこのモデルは、使ったことがないのでよく分からないが、レンズ構成を変更して、第2世代に取って代わられている。ファンは、この第1世代を「貴婦人」と呼ぶようだが、第2世代もレンズ構成が変わっただけで鏡胴のデザインは同じである。貴婦人の衣装だけもらったというか。シルバーとブラックペイントが造られていて、手持ちのものはブラックペイント。中古市場では、ブラックペイントをよく見かけるので製造本数も多いのだろう。

常用に最適

シャープで収差の少ない写りをするので、安心感がある。背景にもよるがボケもうるさくはなく、それにより立体感も得られる。また大口径でも小型なので、50mmが常用となった今では一番使う頻度が高い。

上の写真は、下北沢での夕方の写真。M-Pを使って開放で撮っている。

夕陽に雑草

Summilux f1.4 50mmのフレア

ズミルックス50mm f1.4第2世代は1961年から30年に亘って販売されたレンズだ。35mmは第一世代のズミルックスを使っているが、50mmの第一世代は非常にレアなので50mmはでもの多い第二世代だ。第一世代を使ったことがないので違いがわからないが、第二世代も第一世代と同様に空気レンズが使われており、写りは大きくは違わないと聞いたことがある。

このズミルックス50mm f1.4は、50mmが普段使うことが多い焦点距離であり、またノクチルックスなどと違い鏡胴コンパクトで軽いので常用のレンズとなっている。前に書いたが35mmを普通に使っていた頃はズミルックス35mm f1.4が常用だっや。

いつものように夕方の散歩に50mmで出掛けたのだが、見てみると盛大なフレアが出ている。基本的にフードを使わないで写真は撮らないのでフレアやゴーストが発生することは珍しいが、夕方の太陽の位置でこのようなことが起こったのかもしれない。

失敗写真というのは簡単だが、見てみると美しい。残念なのは、このフレアの発生をコントロールできないことだ。これを自由に使えたら面白い写真がいつでも撮れる。多くの人にとってはこのような現象は失敗であり、出来の悪いレンズということになるだろう。事実、今の技術が進んだレンズや優れたコーティングがされているレンズでは、太陽を画角に入れてもこのような現象は発生しない。

古いレンズを使っていてこのようなことが起きるのが好きだし、あまり写りすぎないカメラやレンズが好きだ。

有名なロバート・キャパのノルマンディー上陸作戦の写真も現像の際に早く乾かすために温度を上げすぎてネガが溶けて今私たちが見るような粒子が荒く、ボケたような写真になっているが、あれも写っていないことが多いから迫力や緊迫感を感じる。

だからといて、このフレアの写真が傑作だと言っているわけではない。

紅葉の葉

Tele-Elmarit 90mm/f2.8

今までは35mmがほぼ70〜80%で残りが50mm、最近は50mmが95%で残りが35mm。というのがレンズの使用頻度だ。そんなことで、35mmと50mm以外は必要ないと言えば必要ない。でも、ライカのレンズとしては70mが1本、90mmが2本、135mmが1本、防湿庫に入っている。このうち、70mm、90mmのトリプレット、135mmはいつ使ったか思い出せない。

そんな中で、思い出したように使うのが、ファット(FAT)エルマリート 90mmだ。ポートレートも撮らないし、あまり使う機会がないが、ファット(FAT)エルマリートと呼ばれる、そのずんぐりとした鏡胴が重厚で好きだからだ。手持ちの個体は、いわゆる実用品でペイントの端が剥がれているのだが、それでも十分美しい。同じ90mmのエルマー・トリプレット(Triplet-Elmar 90mm/f4)は軽くて良いのだが、f4ということもありあまり使わない。そもそも、トリプレットは、写真家の清家冨夫 (Tomio Seike)さんが同じレンズで撮った写真を見たから買ったのだが、お分かりのとおり、同じレンズを使ったからと言って清家さんのように撮れるわけではない。

今回、持って出かけたのは木々の葉が美しくて高いところの葉を撮りたかったからだ。135mmの方が良かったかもしれないが、135mmはあまり好きではない。レンジーファインダーで135mmを使っている人を見たこともないが、バランスが良くないからだと思う。 久しぶりに使ったライカ・テレ・エルマリート 90mmで撮った光は美しかった。

写真をよく見ると光の透明感が美しい。背景のボケも悪くはない。ただし、拡大してみると強い光の周辺に色収差が出ているが、個人的には拡大して見るような細かいところにあまり関心はない。この全体的に見る光の写りが全てだ。

Summilux 50mm f1.4

誰が言い出したのかは知らないが、レンズ焦点距離年齢説というのがある。50代なら50mmというやつだ。確かに、このところ35mmを使うことがなくなった。レンジファインダーなら35mmという思い込みにも似た感じで35mmばかり使っていたのが、いつの頃からか使えなくなってきた。

以前は一番好きなレンズは、Summilux 35mmの第1世代で、一時はこればかり使っていた。デジタルになっても同じで他のレンズは使わなかった。35mmということもあるが、Summilux 35mmの第1世代の写りに魅せられて飽きなかったということもある。有名な8枚玉とも呼ばれるSUMMICRON 35mm f2第1世代も手に入れたが余り使っていない。ともかくSummilux 35mmの第1世代一辺倒だった。それが、いつの頃から50mmばかり使うようになってしかも開放では滅多に使わないというようなスタイルになった。開放の写真を撮らないのに、ノクチルックス(NOCTILUX) 50mmf1.0を買ったのは50mmということと単なる好奇心だ。ただ使った後で、その写りに驚かされた。

作例の写真は朝早い時間だったので、、Summilux 50mmを開放で使っている。35mmに比べればキリリとした写りで好ましい。何よりノクチルックスを持って歩くことに比べれば軽快で散歩レンズにふさわしい。

手持ちのSummilux 50mmは第2世代だが、Summilux 50mmはASPHになるまでレンズ構成はほとんど変わっていないから、最初からこの写りを可能にしていたライカの設計力はやはりすごい。多分、今後もこれが一番よく使うレンズになるだろう。

ライカのMマウント新製品 Leica M10-R

ライカがMマウントの新製品を7月末に発表した。しばらく前に発表されたLeica SL2とかは新マウントなので、あまり興味はない。せっかく手持ちカメラを整理してマウントを減らしたのだから新しいマウントの導入も考えられない。もっともまたLレンズを買い揃える資金もないからなのだが。

新しく発表されたLeica M10-Rは手持ちレンズで使えるから候補にはなるのだが、どういうカメラか興味を持って調べてみた。一番の売りは画素数が4000万画素ということだ。だから、「R」は「Resolution」だそうだ。ISO も100からISO 50000に対応している。これで、Leica M10, Leica M10-P, LeicaM10-D, Leica M10モノクロームと合わせて5機種になっている。

現時点で所有しているLeica M-Pも発売されてすぐだからもう長く使っているが特に不満はない。動画を撮影することは滅多にないがたまに使えることがあるので安心と言えば安心だ。銀座のショップの人にもボディの重さがのノクチルックスの重さと大きさに対応できますねと言われてそうかなと思ったこともある。ちょっとM10が良いのはシャッターの音くらい。画素数は2400万で特に不満はない。ISOも3200までであるが、これも1600を超えて使うこともないので50000も必要はない。ちょっと良いのはM10-Rが100からというのが良いかな。それにしても私の撮影のスタイルでM10-Rでなければ出来ないことはないので普通にスルー。

しばらく前にM9の撮像素子のCCDがもう交換できなくなったという記事を読んだが、流石に発表された2009年の発表から11年も経っているし、CCDということもあり部品が調達できないのだろう。所有しているM-PはCMOSになっているし当面は壊れても修理が効きそうだ。しかし、フィルム時代Leica Mも整理したとは言え、まだ四台も持っているがこれは永遠に修理は可能だろう。問題はフィルムがいつまであるかということだけだ。

写真家の渡部悟さんが「血中写真濃度」という言葉を使っていたが、暑いしコロナだし血中写真濃度も血中カメラ濃度もとっても低いので、新しいカメラにもワクワク感はないというのが現状だ。これはこれでなんとかしなければとも思う。冷蔵庫の撮影済みのフィルムの現像も早くショップに持っていきたいものだが外出する気にもならない。