水曜日, 1月 26, 2022
ホーム写真Google が独占禁止法違反?

Google が独占禁止法違反?

Google が独占禁止法違反でアメリカ司法省に訴えられるようだ。Microsoftも10年以上にわたって独占禁止法の問題で司法省と争い、和解した、もう随分と前の話だ。和解の際にMicrosoftは、ほんのわずかな和解金を支払ったはずだ。実質的にMicrosoftの勝利だった。

当時のMicrosoftと今のMicrosoftはPCにだけに限って言えば大きな変化はない。Windowsという基本OSとOfficeという業務用のアプリケーションで市場をほぼ独占していた。司法省はOSの部門とアプリケーションの部門に分割しようとしたが、果たせなかった。独占禁止法違反を立証することは難しいのだろう。法律の素人から見て、どうみてもPC市場のソフトウエアを独占していた。

Googleは、検索やメール、YouTube,  Google Maps、クラウドサービス、各種ソフトウエア、スマホのOSのAndroid、スマホのハードまで多岐にわたる。検索では世界のシェアは90%を超えており、ほぼ独占だ。(中国ではサービスを提供していないが)また、「YouTubeは時世代のテレビ局に成長している。

Microsoftの訴訟の時から比べると、情報行動はPCからスマホに広がっていてGoogleはどちらの市場でも巨人である。かけているものがあるとするとソーシャルメディア だが、これはGoogle+が不発で、それ以降はまだ新たな取り組みは見られない。

この訴訟が本当になり、多分長い訴訟が続くのだろう。これも選挙の年ということもあり、共和党政権とトランプ大統領の点数稼ぎのために選挙の前に訴訟を行うことは選挙対策でもあるのだろう。Microsoftのケースでは司法省は分割ができなかったのだから、今回も同様というのが結末だろう。話題になってトランプ大統領のアピールになれば成功なのかもしれない。儲かるのは双方に雇われる弁護士だけだ。

9月に入り朝晩は涼しくなったと思ったが、今日は朝からまた暑い。猛暑日になるとの予想だが、それよりも台風が気になっている。今年も梅雨時期の大雨に続いて九州は大変だ。

Shogohttps://leicaleica.jp
大学教授 研究テーマは、メディア、マーケティング、サブカル。趣味は、写真、海外テレビドラマ、ミステリ、写真。流行っていないもの限定の嗅覚で生きています。
RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Most Popular

Recent Comments