火曜日, 1月 18, 2022
ホーム研究NIKEとAdidasのNFT仮想商品

NIKEとAdidasのNFT仮想商品

2021年の言葉として忘れてはいけないのは、NFTだ。このキーワードに関係する様々な出来事があった。NFTを使った様々なデジタルアートやデジタルデータが高値で取引される度にその金額に驚いたものだ。NFTの市場が立ち上がり、多くのコレクターが投資をするようになった。

そのNFTを使ったマーケティングも登場した。NikeはNFTのスタジオを買収している。私などを聞いたことも無いが、RTFKTと言うNFTスタジオだ。最近ではアーティストの村上隆とコラボレーションしたCloneXというアバターのNFTの販売も行っている。NIKEの狙いは、CloneXのような人気のあるアバターがNFTで取引される際に、そのアバターがNIKEの靴を履いていると言うことなのだろう。

さらに、ゲームプラットフォーム「Roblox」上で自社ブランドの世界を表現する「Nikeland」を開設している。メタバースで、仮想商品の販売をNFTで行うことを目指しているようだ。

同様にAdidasもNFTとメタバースを使ったマーケティングを開始している。Adidasは、NFTコレクションで有名な「Bored Ape Yacht Club」と提携した。「Bored Ape Yacht Club」のNFTは、猿の画像だが、数千万円で取引されるコレクターアイテムだ。この「Bored Ape Yacht Club」に加えて、NFTインフルエンサーでコレクターのGmoney、暗号資産に特化した知的財産グループのPixel Vaultの3社とパートナーシップを結び、Adidasとしての初めてのNFTコレクション発表するそうだ。

AdidasのNFTは、ブロックチェーンベースのゲーム世界「The Sandbox」で、仮想ファッションアイテムの販売か配布と思われるまた、人気のあるオレンジのアイテムで有名なGmoneyとコラボした物理的商品も販売する予定だ。

「物理的商品も販売する」という言い方も不思議なものだ。これからは、色々な企業が、メタバースで仮想商品の販売もするので、そういう言い方も普通になっていくのだろうか。

Shogohttps://leicaleica.jp
大学教授 研究テーマは、メディア、マーケティング、サブカル。趣味は、写真、海外テレビドラマ、ミステリ、写真。流行っていないもの限定の嗅覚で生きています。
RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Most Popular

Recent Comments